医業種交流会 あすらぼ

5月26日(土) 透析医療とIPW(多職種医療連携) あすらぼ5月定例会

開催日2018.5.26(土)

開催場所くまもと県民交流館パレア

エントリーはこちらから

医療に携わるみなさんの職場には、複数の専門職の方々がいらっしゃると思います。
ただ専門職がそれぞれの専門性を発揮すれば、患者さんに良い医療が提供できるのでしょうか?
そんなことはありませんね?それぞれの専門職がうまく連携してこそ、質の高い医療が提供できるのです。

近年、IPW(Interprofessional work)という言葉に注目が集まっています。
「専門職が相互作用しあう学習の上に成り立つ協働関係」という意味ですが、これまでのチーム医療とどう違うのでしょう?
その背景や歴史から紐解いてご説明していきたいと思います。

また、患者の高齢化が進む透析医療の現状と、それに対するIPWの取り組みも併せて紹介していきます。
専門職同士の「繋がり方」を再考して、質の高い医療を提供するヒントにして頂ければ幸いです。

医療法人如水会 嶋田病院
理事長・医師
嶋田英敬先生

場所:くまもと県民交流館パレア

18:00〜

セミナー参加費1500円

交流会4000円

※あすらぼ会員登録は現在の所、医療有資格者だけが登録可能となります。