医業種交流会 あすらぼ

医業種交流会 あすらぼ

みんなの笑顔がつながる場。

  • 無料会員申し込み
  • お問い合わせ

現在の会員の皆さんの国家保有資格者はコチラ

ブログ

あすらぼスタッフの日々の活動報告や徒然日記までご紹介しております。
イベントの報告なども随時アップしていきます。

佐藤拓司

 

今回は、嶋田病院理事長 嶋田英敬先生から

「透析医療とIPW(多職種医療連携)」について学びました。

 

現在、医療の高度化・複雑化に伴い医療従事者の業務が増大し、より質の高い医療を実現する為に

「医療に従事する多種多様な医療スタッフが、各々の高い専門性を前提に目的と情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完し合い、患者の状況に的確に対応した医療を提供する」チーム医療が推進されています。

そのための教育をIPE(多職種連携教育)と呼びWHOでは世界に先駆けてなんと1980年代からこの必要性を示していたそうです。

 

 

 

医業種交流会「あすらぼ」も

医療・介護・福祉従事者との交流から「明日をコラボレーションしましょう」という熱い想いから始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

講義の中でも随時、コミュニケーションとは、

相手と自分との間に違いを発見し、お互いを補い合うための能力であると。

 

まさに私たちは、違う業種であるからこそ、互いを尊重し合い、共生する思考が必要であることを学びました。

そしてそれがSynergy(相乗効果)につながっていくことも。

 

繋がるのは当たり前、繋がり方が大事な時代。

素晴らしい講義をありがとうございました。

SNSで簡単に繋がる時代だからこそ、顔の見える繋がり方が本当に大切になるんだと思います。

 

この人が書いた記事